2013年06月12日

1歳馬の預託について


競馬場でのたくさんのご声援に加え、ブログへ暖かいコメントとたくさんのアクセスをいただき心より感謝申し上げます。

今回はいつも応援していただいている皆様へ直接お伝えしたいことがございます。

一口馬主クラブの一歳馬の募集が始まる時期ということもあり、カタログなどをご覧になってお気づきの方もおられると思いますが、本年度の一歳馬で“栗東・角居勝彦舎所属予定”となっている馬はおりません。これは、一口馬主クラブに限らず、すべてのオーナーの2012年生まれのご愛馬の預託をこちらの申し出によりお断りさせていただいたからです。

預託頭数の上限を2013年3月までに馬房数の2.5倍までに削減する、とJRAが決定したのが2011年の暮れ(発表は2012年の初頭)でした。当時、決定された内容は下記のとおりです。

2012年9月30日まで: 貸付馬房数×3(20馬房を超える馬房数については係数を2倍)まで

2012年10月1日から: 貸付馬房数×2.7まで

2013年3月1日から: 貸付馬房数×2.5まで


成績を上げることで馬房数が増え、それに伴って管理頭数が増えていくというルールのもと、それにあわせた厩舎運営をしておりました。具体的には、一世代あたり25頭強を預からせていただき、残念ながらデビューまでたどり着けない馬や、我々の力が及ばず未勝利で引退してしまう馬もいるのですが、6〜7割の馬が勝ち上がってくれ、そのなかにはオープン馬として厩舎の看板を背負って長期間がんばってくれる馬もいます。そうやってひとつでも多くの勝利をあげようと取り組んできた積み重ねを否定されるような預託頭数削減に対して何らかの対応を取らざるをえなくなりました。勝つことを目標にやっているのに、勝てば勝つほど馬の入れ替えがうまくいかなくなるというジレンマに陥ってしまうからです。

母馬や兄・姉に続いて預託していただいている馬もいます。毎年おおよそ決まった頭数を預けていただけるオーナーもいます。しかし、そのなかから、特定のオーナーの馬だけを預かる、特定の血統の馬だけを預かるといった行為は、応援して下さるオーナーやファンの皆様から許される行為ではないと考えました。一旦お預かりした馬に対して厩舎としてベストを尽くさず、馬房数が削減されたことを理由に早々と見切りをつけてしまうことも同様で、どちらも今までの厩舎のスタイルに反することで、大好きな馬達を裏切る行為であると思います。そしてもうひとつ、わたくし自身のライフワークである障がい者乗馬やホースセラピーの活動を進めていく上においても道理の通らない行為だという思いから、2011年の暮れにオーナーの皆様に事情を説明し、翌年誕生する2012年度産駒については一切の預託をお断りさせていただきました。

昨年1年、まったく当歳馬を見に行かないという行為は調教師としてとても寂しい思いの一年でした。当然のことながら2014年の2歳新馬戦、2015年のクラシックに送り出す馬は一頭もいません。しかし、お預かりする馬に対して一生懸命取り組んでいきたいという思いからの行為であることを何とぞご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。

これからもチーム一丸となってオーナーやファンに喜んでいただけるような馬づくりにベストを尽くしてまいります。引き続き変わらぬ応援を賜りますよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。

調教師 角居勝彦



posted by 角居厩舎 at 14:08| 滋賀 ☀| Comment(38) | 角居勝彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
角居先生

お疲れ様です。
華人馬体研究家の高飛(ゴウフェイ)です。

私は角居先生の大ファンなので、
先生の決意には全面的に支持いたします!

もし、角居先生のまわりで
競走馬の目利きが必要になりましたら、
ぜひ私を雇ってください!

日本最高クラスの相馬眼で
筋肉のバネに優れた重賞級馬を
ピンポイントに見つけ出すことでしょう!

これからも陰で角居先生たちのことを
応援し続けたいと思っています。

高 飛
Posted by 高飛(ゴウフェイ) at 2013年06月12日 15:21
ウオッカの2012が角居厩舎からではない事は
本当に残念な事ですが、
馬達に対しての角居先生の愛情に賛同し
これからも微力ではありますが応援させていただきます。

馬達を守って下さってありがとうございます。

競馬はギャンブル
勝たなくては生き残れない世界

でもそれだけではない愛情を
馬達に常に注いで下さってる事は
馬達から伝わってます。

これからも頑張って下さい
Posted by rise at 2013年06月12日 15:29
今年のクラブ募集馬に角居厩舎預託馬がいなくて、がっかりしていました。
でも今は嬉しくて仕方ありません。
これまでお世話になった愛馬たちは本当に幸せだったと思います。
年甲斐もなく、涙ぐんでしまいました。これからも馬たちのために宜しくお願いいたします。
Posted by M.N at 2013年06月12日 15:39
ウインディアナに出資して以来、アヴェンチュラなどなど、沢山の馬で多くの感動を頂き、本当に感謝しています。言葉で言い尽くせないほどです。

ウインルキア。今も一生懸命に調整、調教して頂いて、例え勝てなくても先生や厩舎の方々のお気持ちを十分感じておりました。

これからも何があろうと、応援させて頂きます!
Posted by ST at 2013年06月12日 16:59
難しいことはよく解らない、まだまだ競馬初心者の私ですが、
拝見して感動しました。
どこの世界にも納得のいかない規制があったりしますが、
それに対して、団体としてではなく、一厩舎で、このような対応を取ることは、
中々出来ないことと思います。
それを信念に基づいて、行動されたこと、感動です。
また、はや見切りで馬生を絶ってしまうことのなきようになど、本当に嬉しく思いました。
競馬を初めて、一番最初に辛かったのは、予後不良の意味を知った時でした。
その次に辛かったのが、引退馬達のその後でした。
毎週のように発表される悲しいお知らせに、やめようと思いながらも、一生懸命走っている馬を見るたびに、どうしても心が惹き付けられてしまいます。

そんな中、先生のこのお話を聞いて、業界の不条理も感じましたが、
先生の思いがとてもとても嬉しく感じました!!

厩舎として大変なこととは思いますが、頑張ってください。
Posted by えちゅ at 2013年06月12日 18:22

初めてコメントします。

ずっと
角居厩舎が大好きで
角居厩舎の馬達も大好きで
応援しています。

だから
今回の事は悲しいし
寂しいです。

でも角居先生の言葉は
すごく理解できますし
納得も出来ます。

今後、どうなるのかは
わかりませんが
これからも変わらず
角居厩舎を角居厩舎の馬達を
ずっと応援していきます!!
Posted by りえ11 at 2013年06月12日 20:40
はじめまして。

以前から角居厩舎のファンで、応援させていただいています。ブログも、いつも楽しく拝見させていただいています。

私は、角居先生のなかなか勝ち上がれない馬に対しての、ぎりぎりまで努力されている姿勢を尊敬しています。

またホースセラピーも、人と馬への愛情を感じます。

一頭も預からないというのは、とても大変な決断だったと思います。

ファンとしても、寂しくもありますが、納得でもあります。
これからも応援しています。

Posted by ハロ at 2013年06月12日 21:08
先生、こんばんは。

ブログを拝見しました。

いったい、JRAは何を考えているのでしょうか?

どぉーいった結果で、馬房数を制限したのでしょうかね?

藤田騎手の暴露本も読みましたが、JRAは自分達の事しか考えてむせんよね!


本来、競馬と言うものは

生産、競走馬、牧場スタッフ、調教師、厩舎スタッフ、オーナー、騎手、そしてファンがいて初めて競馬と言う、ものが成り立ちます!!

このような事があれば、他の先生方も角居先生と同じようにするでしょうね!!


そして、競馬はスピードが命なのでしょうか?

あんな高速馬場を作り、競走馬の寿命を縮めてます!

まだまだ活躍出来る馬達が、命を落としています!

それなのに、JRAは何もしません!!


ホントに、淋しい限りです。
Posted by 札幌ゃん at 2013年06月12日 22:59
はじめまして。角居先生の厩舎経営における考え方、いやそれ以前に馬に関わるホースマンとしての考え方に感動を覚えずにはいられません。私も一口で先生に馬をお世話になっておりますので、預託なしは非常に残念ではありましたが、そもそも今回の馬房制限は全く矛盾したルール改正。先生の英断が今後の更なるご活躍に繋がることを心よりお祈り申しあげます。
Posted by かまへい at 2013年06月12日 23:20
漢ですね!感動しました。
Posted by いやー at 2013年06月12日 23:30
レッドエクスプレス、レッドメイヴに出資しています。応援してます。頑張ってください。
Posted by エゴイスト at 2013年06月13日 00:08
トールポピーでお世話になった金沢の村島です。ご無沙汰しております。
共同馬主での先生の預託馬は、可能な限りほとんど所有させていただいています。
よって、今回のことは1ヶ月前ほどから気になっていました。1年間(少し)は残念ではありますが、おっしゃるとおりだと思いますので角居厩舎中心の1口所有も我慢(充電)します。
誠に素晴らしい決断だと思います。
同じ金沢市民として誇りに思います。
古馬を中心にこれからも勝ち続けてください。
Posted by 金沢の村島 at 2013年06月13日 08:49
はじめまして。

今回の件、角居厩舎からクラシックに挑戦する若駒を2015年は観ることができないことは非常に残念です。しかし、このご決断が今後の競馬界発展のために一石を投じ、競馬に関わる人皆にとってプラスになるものになることを願っています。

私は現在イギリスにおりますが、こちらもやっと競馬シーズンがやってきました。私は以前シーザリオの大ファンだったのですが、エピファネイアや兄弟がいつかヨーロッパで活躍する姿を観れるといいな、と思っています。

これからも応援しています。
Posted by doba at 2013年06月13日 09:00
北海道浦河町在住のKenちゃんと申します。
友人から角居先生の障害者乗馬への真摯な取り組みを聞き、
元々JRAでは
角居厩舎に好きなお馬さんが多かったため、
とても応援しています!

角居さんのご意見に全面的に賛成です。
わたしはこの預託数制限が、
昨今、馬の故障増加に拍車をかけているとも感じています。

「競馬」は競争です。
真摯で優秀な調教師に、誰だって馬を預けたい。
その馬主の願いが制限されている。
おかしなことです。

預託数制限は撤廃すべきと思います。
Posted by Kenちゃん@浦河 at 2013年06月13日 09:31
先生、
こんにちは。
ご無沙汰をしております。
今年のクラブのカタログを見て、
先生の名前がなかったので、
クラブの人とけんかしちゃったのかなぁって思って寂しいなぁ〜って感じていたのですが、JRAとけんかしていたのですね。
何もできることはないのですが、
応援します。
先生がクラブの馬預かってくれるときに出資できるようにお金ためておきます。
そのときがくるの楽しみに待っています。
よろしくお願いします。
Posted by 賢 at 2013年06月13日 09:35
訳の分からんルールに負けずに頑張ってください。角居先生のお陰で障害を持つ子供に勇気を持てるようになりました。その世代だけクラシックに出れる馬が居ないのが残念です。ですが、阪神競馬場で角居先生の明るい笑顔を見れる事を期待してます。
Posted by 洸 at 2013年06月13日 09:43
これはJRAに抗議だな…名門厩舎がクラシックに馬を出せないなんて。競馬に携わる人が、辞めちゃうよ〜(T_T)
がんばれ、角居厩舎!!
Posted by ぽんた at 2013年06月13日 12:22
はじめましてm(_ _)m

同じ石川県出身という事もあり、陰ながら応援させていただいております

これからのご活躍を期待しております!

これからも応援させていただきます!
Posted by コージーコーナー2 at 2013年06月13日 12:26
はじめまして。
角居先生のそのフェアな決断に感動しました。
JRAは他の機関同様に現場の努力を全くわかっていない。限られた中でどれ程のスタッフが競馬ファンに夢を与える努力をしているのか。
役人には到底理解できるものではないですね。
Posted by at 2013年06月13日 13:03
審議の裁定といい、今回の馬房の件といいJRAのグレーな部分が見え隠れしています。もっとはっきりとした規定を作ればいいと思います。頑張れ、角居調教師!!
Posted by ユタカサイコウ at 2013年06月13日 13:09
角居先生ならびに厩舎のスタッフの皆さま方、
お疲れでございます。

この度の御決断、さぞ苦渋であったであろうかと私なりに察しております。

ファンにとって、競馬の楽しみかたが片寄った方向に向かいつつあるのは、寂しい限りです。

高額配当の馬券、レースの充実等新しく増えるだけでは決して喜ぶ事はできません。

競馬に携わっている方々にも、充実した熱情をもって取り組んでいただきたいものです。
Posted by 葎 at 2013年06月13日 16:59
初めまして

角居先生、なんだか大好きになりました。

ずっとずっと、
馬も、角居先生も、競馬界の未来も応援してます!!


Posted by みき at 2013年06月13日 20:25
角居さん、角居さんの器は血の滲むような企業努力をアッサリと覆すJRAの下に留まる大きさではもはやありません。角居さんを信頼し、今回のアクションを支持してくれるオーナーさんとともに舞台を欧州に移してオブライエン厩舎のようなスケールで活動することも不可能ではないと思います。日本で花開いたSSの血を欧州に引き連れて、角居さんおよび角居さんと志を同じくするオーナー、厩舎スタッフ、騎手たちとともに、狭量なJRAが幅をきかせる日本を飛び出しませんか。角居さんがその気になれば、きっと驚くほど短い期間で英仏愛のクラシックや凱旋門はじめとする古馬路線で優勝出来るようになると信じます。それぐらい今の日本馬の血はハイレベルなのに、こんな制度改悪が是正されなければ、追い付きかけた世界のレベルからすぐに引き離されてしまいます。無責任な立場からの無責任な提言だとは承知していますが、一つの案として受け止めて下さりますと幸いです。
Posted by Unrivaled.Patek at 2013年06月13日 21:22
はじめまして。 角居厩舎のお馬さんはいつも応援しています。特にウオッカが大好きです。

今回の件で一歳馬を預かれないというのは、角居先生、スタッフの方々が一番辛い決断だと思われます。

とにかく、先生、スタッフのみなさん、頑張ってください。
Posted by アート at 2013年06月13日 21:40
角居先生はじめ厩舎スタッフの皆さん。
日々、ご苦労様です。
今回の件に関して、今日になって各媒体が情報を流しています。個人的には、ブログのコメントを全て掲載してもらった方が、多くのファンをはじめ、各関係者に伝わるものが多いのではと感じました。
JRAから見れば、小さな意見に見えているかも知れないですが、しっかりと小さな意見に向き合い、考え、競馬に関わる全ての人の事を想像し、対応するJRAであって欲しいと思います。
また、各媒体に関しても小さな記事ではなく、事の成り行きを多くのファンにわかりやすく説明していただきたいと思います。

角居先生はじめ、厩舎スタッフ、関係者の皆様に置かれましては、多くの競馬ファンが今まで以上に応援している事を感じていただいて、今後の活躍を祈っております。

【角居厩舎 FIGHT!!】
Posted by M.U at 2013年06月13日 22:08
まずは、トライアフマーチを長い間、お世話いただきありがとうございました!角居先生の意見に賛同します、さて今回のJRAの変更は、日本の競馬レベルを下げかねないと思います、世界レベルに追いつき追い越すところまで、来ているのに…これからも応援します。追伸レッドメイヴをこれから宜しくお願いします。



Posted by 折戸毅 at 2013年06月13日 22:24
初めてコメントいたします。

大好きなウオッカの血をひく牝馬、
ウオッカの2012を諦めてまで
今回の決断をした角居先生の気持ちを思うと・・・。

角居厩舎の馬がいないというのは
大変淋しいことではありますが
いつも私を元気づけてくれる勇気をくれる馬たちを応援し続けます。

馬たちを守ってあげてください!!!!!
助けてあげてください!


角居先生、ずっと応援しています。

Posted by くみっこ at 2013年06月14日 08:56
初めてコメントさせていただきます。
ウインルキアの出資者です。
今回の件は、一口クラブの会員としてはとても残念ではありますが、ご英断に心からエールを送らせていただきます。

また、そんな馬房調整が大変な中、私たち出資者にとっては大切な可愛い愛馬ですが、活躍馬の多い厩舎さんにとっては、1勝馬にすぎないウインルキアを、そのままお預かりいただいていることに、感謝しております。
ありがとうございます。
放牧から帰ってきたら、引退までにもう一度、どうか、輝かせてやってください。
宜しくお願いします。

角居先生、厩舎の皆様
今後もずっと応援します。
Posted by ayu at 2013年06月14日 09:03
競馬歴40年以上。一口馬主歴30年以上の競馬ファンです。
友駿HCをずっと続け、3年前から東サラにも入会しました。
角居先生のところの馬にも出資できるかなと考えていた
矢先の報道に驚いています。

角居先生のおっしゃることは理解できますし、行動も理解
できないことはありません。
でもファンを無視した行動にも思えます。
JRAの馬房数×2.5の管理馬は、私には妥当に思えます。
毎年40頭の2歳馬を預かる調教師もいるようで、事前に
知ってたらそこの管理馬には出資しなかったと後悔したことも
あります。
しかし、JRAの馬房割り当てには納得いきません。
勝ち上がった古馬が多ければ馬房は多く必要でしょうし、
馬を大事に長く扱ってくれるところにも馬房は多く必要です。
競馬会の事情もよく解ってない私が勝手なことを言って申し訳
ありませんが、JRAにも角居先生にも納得していないのが
わたしの率直な思いです。

角居先生、これで終わりではないですよね。
これからが、JRAの改革ですよね。
そう思ってこれからを見守っていきます。
期待しておりますし、13年産では角居先生のところの馬に
出資できるよう願っております。
Posted by べっぴん at 2013年06月14日 10:30
今年の2歳馬のロザリンドを一口持っています。
ヴィクトワールピサのドバイワールドカップを見て感動し、角居先生の厩舎の馬に出資してみたいと思いました。

ホースセラピーの活動も最近知りました。

角居先生もいろいろと思う所があり、今回の行動に出たのだと思います。

いろいろな意見があるとは思いますが私は応援する気持ちは変わらないので、これからも変わらずに角居先生の方針を貫いてほしいです。
ロザリンド号をよろしくお願いいたします。
Posted by よっちん at 2013年06月14日 12:37
ブログ拝見しました。
難しいことはわかりませんが、入厩される馬を大事にされてることはわかります。
いろいろ風当たりも強いことでしょう。
それにめげず、いい馬づくりに専念できるよう祈っております。
Posted by 負けたら今夜も食パン at 2013年06月14日 14:03
初めてコメントします。
新聞の記事を読み伺いました。
角居厩舎と言えば言わずと知れた名門と受けています。某関西競馬番組などでも角居先生の人柄は知っています。
今回の件に関しては心中お察しします。角居先生がそう思うのなら多分他厩舎の先生方も同じ思いにあるのではないかと思います。
良き方へ改正されるといいですね。新馬が厩舎に入らないということは数年厳しい状況が続くと思います。オーナーや関係者から温かい後ろ楯も受けると思います。頑張って乗り越えて下さい。
Posted by 万年オケラ at 2013年06月14日 18:33
はじめまして。
今回の先生の御勇断には同じ男子として
その勇気にこころより敬服申し上げます。
長いことユニオンの一口を続けて、初めて先生のところにお世話になったサンビスタには、馬も見ずに予定預託厩舎をみただけで出資しました。
個人馬主もクラブ馬も分け隔てなくしていただき本当に感謝しております。
今後とも応援します!
ガンバレ!
チームスミイ^^;
Posted by サアドウゾ at 2013年06月14日 18:52
大好きなウオッカの最初の女の仔ウオッカの2012が角居厩舎へ入厩できないと知ったときはショックでたまりませんでした。。。
正直に申し上げると、このJRAの決定の善悪をわたしのようないちファンには推し測ることなどできません。
ただ、角居先生がこのように厳しい決断をされたのは、競走馬の未来を守るため、今後の日本の競馬界のさらなる発展ためなのだと信じたいし、信じております。
そして、陰ながら精一杯応援させていただきます。
Posted by bean at 2013年06月15日 00:44
先生のご英断に感動しました。100%支持させていただきたいと思います。

すでに昨年から決断されていたことがよくわかりました。今回、一石を投じられたことでJRAの諸施策や様々な課題の解決に向け、お客様視点、関係者視点、そして主役である馬の視点でJRA自身がより前向きに動いていただけるよう願っています。

今回の件で、いつかは先生のところに預託される馬を持ってみたいなあと思うようになりました。更なるご活躍を祈念いたします。
Posted by RAKI at 2013年06月15日 14:41
初めて書かせていただきます。
角居先生のことは、ウオッカを通して存じ上げております。
人間社会で例えますと、今回の事は、新人が入りますので、歳をとった社員は辞めてください。という感じでしょうか?
私は、関東地方で引退馬達の里親をしている一会員です。
特別に活躍したわけではない子達ですが、毎日幸せに暮らしてます。
一頭でも多くの馬達の将来の為に、これからも宜しくお願い致します。
Posted by モモ at 2013年06月16日 13:56
角居先生

競馬社会全体のため是非、良い方向に行くようにしてください。 JRAという強大な組織が相手であり、役所のような体質が透けて見えます。 しかし、私はホースマンの皆さんが作り出す物語のファンです。もちろんお金もかけますが。
 降着ルールや外国人騎手やラフプレーの多い地方出身騎手の台頭。 応援していたJRAの騎手の人が本当に確約の場が減っています。
ステイゴールドと熊沢さんのような勝てなくても応援されるコンビが見たいです。
 角居厩舎のような名門では、現状は本当に難しいのかもしれませんが、本当にファンが望んでいることは何なのか?を訴えていってください。 応援しています。 あきらめずに挑戦してください。 そのような姿勢が見える限り、私は、応援します。
Posted by TONY at 2013年07月26日 15:30
素敵な取り組みをされていらっしゃり頭が下がる思いです
私も見習います
競馬界にて頑張ってください!
応援してます
Posted by なな at 2015年04月02日 03:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。