2013年11月29日

1歳馬の預託について(2)

6月に当ブログで発表いたしました現1歳馬(2012年産駒)の預託について、多くのご意見ありがとうございました。

9月末で3歳世代の未勝利戦が終了しましたが、厩舎としての力が足らず、現3歳世代で勝たせられなかった馬がたくさん出たことで所属馬が大幅に減ってしまったため、このまま現1歳世代がゼロでは今後の厩舎運営に支障をきたすと判断し、当初の方針を変更し、ごく少数ですが1歳世代を何頭か預からせていただくことに決めました。

1歳の11月となると既に預託先が決まっている馬がほとんどで、一口馬主クラブの馬についても募集時期の関係で預かることは出来ないのですが、お付き合いさせていただいているオーナーと相談して決めていきたいと思います。

なお、先日日本に到着した「ウオッカの2012」については、谷水雄三オーナーが預託先を決めず、厩舎の方針が変わるのを待っていただいていたこともあり、預託していただけることが決まっております。

一度決めたことを翻すことになったにもかかわらず、他にも何名かのオーナーから預託のオファーをいただいており、感謝の気持ちで一杯です。

今年の競馬開催もあと約一ヶ月となりました。厩舎スタッフとともに最後まで気を引き締めて頑張っていきたいと考えていきます。引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。


調教師 角居勝彦
posted by 角居厩舎 at 21:24| 滋賀 ☔| Comment(21) | 角居勝彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何はともあれ角居厩舎から新馬がデビューしないのは競馬ファンとして残念と思っていましたので安心致しました
頭数は少ないのかもしれませんがその中からクラシックを賑わす馬が出てくれると期待して応援しています☆
Posted by ゆう(渡辺麻友推し☆) at 2013年11月29日 22:38
こんばんは!!


来年の2歳戦で角居先生の馬が見られると思うとうれしいです。

素晴らしい馬づくりで来年も競馬を盛り上げていただけそうでうれしいです。

今年の残りも応援させてください!!

エピファネイア、デニムアンドルビーの更なる活躍にも期待しております!!


Posted by スパホ at 2013年11月29日 23:06
信頼している先生のところで、ウオッカの長女も御世話していただけるなんて夢の様です。安心しました。
あとは子供達(長男と長女)の努力と運で何とか頑張って欲しいです。祈るばかりです。
Posted by モモ at 2013年11月30日 00:36
失望しました
恥を知れ
Posted by at 2013年11月30日 01:04
初めて書き込みます。
1ファンとして、素直に嬉しいニュースです。
前回のご決断は凄い、カッコいいと思いましたが、今回は大英断だと思います。
やっぱり角居厩舎にクラシック候補生がいないとファンとして寂しいですからね。でも、来年はあの調教師が最後のダービーなので…(ここでも書くか!?)
どんなラインナップになるのか、今からワクワクします。
ひとまず、角居厩舎ファンとして、角居支持と大仰なもんではございませんが、嬉しい事を表明したくて書き込みました。

エックスマークでの有馬記念も期待してますので、ステイヤーズをビシッと決めてください!

僕も先生の真似して、近々、ブログで重大発表します!
Posted by 太平洋 at 2013年11月30日 11:30
いつも応援しております。
ウオッカの長男と長女をくれぐれも宜しくお願い致します。先生には大変なご苦労もおありかと思いますが、ファンとして精一杯のサポートするつもりです。
Posted by ウオッカのファン at 2013年11月30日 15:36

お疲れ様です。

私は角居先生、角居厩舎
そして角居厩舎の子達みんなが大好きで
あまり競馬場には行けませんが
応援させていただいています。

今回の事は
最初の角居先生のお考えも
納得していましたし
今度もお考えをここで読ませていただき
納得したと同時に嬉しくもあります。

ウオッカの長女2012
心配していましたが
谷水オーナー様のお気持ち
感動しました。

そして、一ファンの私も
本当に安心しました。

やはり愛するウオッカの子供達は
角居先生のもとで…

長々と書いてしまいましたが
これからも
角居先生、角居厩舎
そして角居厩舎の子達を
大応援していきます!!


Posted by りえ11 at 2013年11月30日 16:32
先生、
ご無沙汰をしております。
良かったと思っています。
先生の考えを毎年つないで走っていく馬たちがいるのはうれしいことです。
素晴らしいと思うことは変えることを恐れずに変わっていくことを受け入れられるのは素晴らしいことだと思います。
いつもの先生で歩んでいってください。
よろしくお願いします。
Posted by 目黒賢一 at 2013年12月01日 11:37
高野先生には申し訳ないのですが、ポルトフィーノの12は角居先生に預かっていただきたいです。この血統はやはり当初の予定どおり角居先生のところでデビューさせてもらいたいというのが、一ファンの願いです。
Posted by 冬将軍 at 2013年12月01日 14:13
いつもブログ拝見しております。
今回の方針転換は僕個人としては大変嬉しいニュースです。ウオッカの長女が角居厩舎以外に入るのは考えられませんでした。

ただ、今回の件の決断は、周りの方々の賛成があってのものであると信じたいです。どうしても、クラブ馬の栄えた時代ですので、この件でこじれたなんていう状況にならないことを願っております。
普通の競馬ファンですが、角居厩舎がなかったら、今は競馬見てないと思ってます。
これからも、先生、スタッフの方、頑張ってください、応援しております。
Posted by アート at 2013年12月02日 18:14
いつも楽しく拝見させて頂いております。

恐らく先生としても相当悩まれてのご決断だったと思いますが、一競馬ファン、角居厩舎ファンとしては素直に嬉しい気持ちもあります。
何よりウオッカの仔はやはり角居先生の下で見たいという気持ちがありましたので・・・
この時期になっても厩舎方針の変更を待たれていた谷水オーナーはじめ、その他オーナーの皆様の行動からも、やはり多くの方々が先生に信頼を置かれているのかを改めて感じた記事でもありました。

今後、様々な苦悩もまだつづくとは思いますが、是非とも逆風に負けず、信じた道を突き進んで下さい。
ファンとして、いつまでも応援しております。
Posted by rhym at 2013年12月02日 21:17
正直嬉しいです。
再来年のクラッシックに
角居厩舎の馬達がいない…なんて
想像しただけで淋しいです。良かったです。
Posted by ネオ at 2013年12月03日 01:44
色々なご意見があるとは思いますが、一競馬ファンの私としては、今回の先生のご決断はとても嬉しかったです。皆さんもコメントされていますが、ウオッカの2012を角居先生以外の方が管理するなんて考えられませんでしたので、本当に安心しました!これからもずっと応援させて頂きますので、角居先生らしく輝き続けて下さい。
Posted by りさりさ at 2013年12月03日 11:14
シャドウダンサーとトレモロアーム壊したから、戦力不足になったから前言撤回したのですか?

てかホント、情けないよね!

もうこの厩舎の馬は応援するの止めよう店
Posted by とれもん at 2013年12月03日 12:10
角居先生

いつもブログを楽しく拝見させていただいております。
ウオッカのダービーから始まった私の競馬人生。。
ウオッカをダービーに出走させてくださって、
出逢わせくださって本当にありがとうございます。
あの日のゴールの瞬間から私の人生が息を吹き返し、今を元気に生きることが出来ております。

そして、現1歳馬の預託についての方針のご変更にも心から感謝申し上げます。
谷水オーナーがずっと待ってくださったとのこと。。オーナーのウオッカの長女ちゃんへの深い想いと角居先生への厚い信頼をひしひしと感じ入り、感動に心奮えました。
そして、ファンとしてこんなに嬉しいことはありません。
来年、兄ボラーレくんと長女ちゃんが角居厩舎で過ごす日が来ることを心から楽しみにしております。
先生、本当にありがとうございました。
これからも角居厩舎の仔たちをみんな応援させていただきます。
午年の2014年、更なる高みを目指して、大きな飛躍の一年でありますよう、心からお祈り申し上げます。
(長くなってしまって申し訳ありません。。)
Posted by bean at 2013年12月03日 13:44
前言撤回…響き悪いなぁ?
僕、角居(先生)肯定派なんやけど、それはそうやと思います。でもね、一つの決断をした時には、すでに前言撤回するくらいの勇気も持ち合わせてるんちゃいますかね…ってか、それがないと決断できませんよ!?考えてみてくださいよ、責任取れない、人望ない上司って決断出来ん人多いもん。だからって失望した方に納得してもらいたいわけやないけど、ええ上司って、引き際も知ってる人やと思うんです。だから益々僕は角居勝彦を尊敬しました。
Posted by 太平洋 at 2013年12月04日 01:06
社長である以上は、経営力も必須ということですね。
仕方ないのかな・・
Posted by at 2013年12月05日 11:45
自分は賛成です。

厩舎といえど会社みたいなものだと思うんです。もちろん特殊な会社ではありますが。

信念を貫くのは大切です。しかし個人経営の自由業ならまだしも部下がいるのですから経営者として当然の決断だったのではないかと思います。


今回角居先生がアクションを起こしたこと自体にすでに意味があると思います。このようなご決断をなされてもその意義は変わらないのではないでしょうか。

来年も今までどおり日本の競馬界を引っ張っていく存在で有り続けて下さい。陰ながら見守り、応援させて頂きます。
Posted by 必死に競馬団団長 at 2013年12月06日 04:45
スミイさんいつも応援しています!お願いです!武豊騎手ともう一度大きいレースで優勝して二人の握手が見たいです!
最近の競馬は本間に外人騎手ばかりで面白くありません。このままだと競馬人気低迷ますますしていきますよ…。
スミイ先生クラスなら馬主さんにちょっと頼み込めば武豊騎手でお願いすれば、OKもらえると思うんですが…。
本間に競馬を盛り上げてください!
武豊騎手が廃れば競馬も廃ります!
Posted by ☆ at 2014年02月18日 23:43
決めたことは曲げるんじゃねぇ
Posted by 男に二言はないはず at 2014年02月20日 22:03
ブログ初めて見ました
いつも活躍している馬を出してるんで頑張ってください
Posted by 斉藤貴夫 at 2014年08月05日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。