2016年04月25日

スマートシャレードの事@高田

先日の熊本地震で被災され、被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。


少し前にSNSの方で話題になったスマートシャレードの事を書こうと思います。
結論から言うと、もうこの世にはいません…
18日に安楽死の処置が施されたそうです。
伝聞口調なのは、処置はトレセンの診療所ではなく関東にある病理研究施設に移送されて実施されたからです。

ヒヤシンスS出走時に、左の首に小さいシコリのようなものができていました。
当時は手綱で擦れて刺激になり、少しシコリ状になっているのかと思ってそこまでは気にはしていなかったのですが、
まさかコレが原因でこんなことになってしまうとは。。。
レース後も日が経つにつれて腫れがどんどん大きくなっていき、これはおかしいということで精密検査をした結果…

病名は「血管肉腫」という極めて珍しい血管のガンでした。

人間にもあるそうですが、犬に多い病気みたいですね。
人間での治療法も確立されていないような難治性の病気です。
血管のガンということもあって転移しやすく、こちらでの入院中も左首にしかなかったシコリが右上腕部にも転移していました。
発症してしまった以上、時間経過とともに転移が広がって苦しみが増えていくだけだということで、安楽死の決断がなされました。
(4/1付けで抹消・死亡と出てたのは、その時点で近々死亡することが決定した状態での登録抹消だったからです)

この病気、JRA施設内では2例目で、1例目はヒシアトラスだったそうです。
(ヒシアトラスと言えば、ハーキュリーズのお兄さんですね)
ヒシアトラスは内臓にも転移していたのか、日に日にやつれて元気がなくなっていったと聞きました。
スマートシャレードはまだ表面の組織にしか発症していなかったので、馬自体は非常に元気でした。
元気なだけに、何とかならないものかと思うこともありましたが…
ヒシアトラスが発症してから約10年、この10年で治療法が見つからなかったことが病気の難しさを表していると思います。
私たちからしても「まさか」「なんで?」しかないですよね…


実はこの記事の投稿は先週にしようと思っていたんですが、熊本地震直後の大変な時期にこういう内容のものはどうかと思い、控えていました。
地震から1週間経ったからもういいという訳でもないですけど、ファンの多い馬でしたし気にしてくれている人もいると思ったので、報告させていただきました。
読者には元気を与えるどころか悲しみを与えてしまうような記事で申し訳ないですが、
「スマートシャレード」という馬がいたことを忘れないでいてあげてください。
今まで応援・声援をありがとうございました。
今後はスマートシャレードの分まで他の馬たちとともに頑張っていきたいと思います。


posted by Takada at 10:45| 滋賀 | Comment(9) | 厩舎スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
…ずっと気になっておりました。
シャレード、大好きでした。
今まで本当にありがとう。
ずっと忘れないよ。
天国でのんびり過ごしてね。
高田さん、シャレードのこと教えてくださって、本当にありがとうございました。
Posted by めぐぴい at 2016年04月25日 11:50
気になってました
もう亡くなってしまったんですね…
辛いのにお教え頂いて有難うございます
大好きな馬でした
ずっと忘れません
Posted by ノエル at 2016年04月25日 15:59
競馬に携わっていると辛い結末・悲しい別れなど日常的に経験されておられるでしょうが、時として本当に理不尽な出来事に出くわしてしまうと言葉もなくなってしまいますね。
本当にお辛いご報告をしていだだき感謝しております。
スマートシャレード君、あなたには何の罪もありません。なんでこんなことになったのか…
時々神様は意地悪をされます…
どうか天国ではのんびりと自由に過ごしてくださいね。沢山の仲間たちと心穏やかで幸せでありますように…
短い人生だったけど厩舎の皆さんにいっぱい可愛がってもらい幸せで濃密な人生だったと信じたい…今まで本当にありがとう!!
よく頑張ったね!!お疲れ様でした。
絶対に忘れないから!!
Posted by ビギナー at 2016年04月25日 19:14

スマートシャレード
本当にありがとう!!

決して忘れません!!
忘れるわけないじゃないですか・・・

今でも
一生懸命に走る姿が
鮮明に浮かんできます。

苦しい思いもせず元気だった・・・
悲しいてすが
でも苦しまなかったんだなと
少し救われた気持ちにもなります。

スマートシャレード
本当に本当にお疲れ様でした。

心より
ご冥福をお祈りいたします。

どうか安らかに。

絶対に忘れないよ!!
Posted by りえ11 at 2016年04月25日 21:10
こんばんは

シャレード君のご冥福を心から祈っております。

陣営の皆さんの苦渋の決断、本当に辛かったと思います。

でも皆さんはシャレード君の事を一番に考えた
それが痛いほど伝わってきます。

苦しんで治るなら、頑張って治るなら
きっと一緒に頑張ろうと思ったと思います。
不眠不休になっても..

でもそれが意味のない痛みだったら..

10年経っても治療法が見つからないなんて

でももしかしたら10年後は見つかるかも..
獣医師さん達に託したいですね

ファンも悲しいでしょう
馬主さんも悲しいでしょう

でも誰より毎日毎日寄り添ってきた
担当厩務員さんを思うと切ないです

きっと皆さんの愛情はシャレード君に届き
見守っててくれると思います。

シャレード君のためにも頑張って下さいね

変わらず応援させていただきます。
Posted by rise at 2016年04月25日 23:13
10年に一例程しか症例のない病気に対して、治療法や研究が進まないのは、残念ながら致し方のないことなのかもしれません。
ただ、スマートシャレードという馬が競走馬としてこの世に生を受け、精一杯走り抜いたことは、私は忘れません。
Posted by りおんらぶ at 2016年04月26日 04:10
遅くなってしまいましたが。。。

スマートシャレード号のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

被災されたみなさまへのお心遣い。。
高田さんのお優しいお気持ちが伝わってきます。

とてもとてもお辛いことをわたしたちファンにも詳しくご報告くださり本当にありがとうございました。

R.I.P.

Posted by bean at 2016年05月02日 17:42
私は、ブログを読み初めてスマートシャレードの事を知りました。
角居厩舎や沢山のファンの方々の期待を背負って走る姿を想像しか出来ません。

治療が困難な血管肉腫の事も調べ、スマートシャレードの死を無駄にしてはいけない、忘れてはいけないと思いました。

ご冥福をお祈りいたします。

Posted by 美樹 at 2016年05月14日 23:52
シャレード、大好きです。
どうしたって忘れられない。


どうか安らかに。
Posted by Z at 2016年05月24日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。