2016年08月31日

カネヒキリのお墓参りへ。@高田

今年の夏も北海道出張はナシか…と思っていたら急遽函館行きが決まり、通達の3日後に函館へ行き、昨日札幌から帰ってきた高田です。
函館2週間、札幌1週間のちょうど3週間の滞在でした。
私自身4年ぶりの北海道出張ということもあり、学生時代の友人や先輩、牧場時代の先輩に久しぶりに会えたりと、中身の濃い3週間でした。



おとといの月曜日に、札幌滞在中の休日を利用して、カネヒキリの墓参りに行ってきました。
北海道出張に行けなくても年内には行くつもりではあったので、札幌まで行けてちょうどよかったです。


今年の5月末にこの世を去った元相棒。
もう3ヶ月経ってるし、私の中では彼の「死」は受け入れてたつもりでしたが…

墓参りに向かう途中は、実際墓を目の前にした時に自分がどういう感情・心境になるのかと考えていましたが、なかなか想像できませんでした。


そして、いざ、お墓を目の前にした時…


それはもう色んな感情が込み上げてきて、涙が止まりませんでした。。。

悲しさ、悔しさ、無念さ、不運さ…

私はただただ墓の前で泣いていました。。。
しゃがみこんでしばらく泣いていました。。。

お墓(優駿メモリアルパーク)はオグリキャップ記念館の駐車場の横にあり、誰でもお参りすることができます。
カネヒキリのお墓は駐車場からは一番遠い位置にあったので、オグリ記念館の来館者には泣いてるのはバレてないと思うんですが…
それを端から見たらどう見えてるのかは分かりませんけどね。

いつまでも泣いていてもしょうがないので、気が済むまで泣いた後に立ち上がり、涙を拭い、自分の想いやファンの想いを伝え、そしてもう泣かないとカネヒキリに誓ってその場を去りました。
最後に、その墓地を守ってくれている馬頭観音にも合掌して、お墓参りを終えました。

それから、種牡馬生活を支えてくれていたスタリオンステーションの方へ挨拶し、色々話を聞かせてもらいました。
普段はおとなしくて手が掛からないけど、種付けの時は頭が良すぎて逆に苦労させられたそうです。
そんな中、毎年100頭以上に種付けし、今年も30頭ほどには種付けしたそう。
そんな苦労の中、これだけの種付けを支えてくれたスタッフの皆さんには感謝しかありません。
後は、子供たちが頑張ってくれるのを祈るのみです…



正直、お墓参りするだけでこれだけ泣く事になるとは思わなかったです…
人には見せられないくらい泣いてしまいました…
まさか、カネヒキリで2回も泣く事になるとは…
2回も泣かされる事になるとは…

5F43AA89-4A91-4651-A610-BA1BB10D98F6.jpg
posted by Takada at 21:11| 滋賀 ☁| Comment(3) | Takada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

別れの時。。。@高田

梅雨もすっかり明けて、本格的な暑さの夏になりましたね!
この暑さの中、体調崩したりはしていませんか?
夜寝る時はエアコンはつけといた方がいいらしいですよ。
寝る時に暑いの我慢して寝汗をかくと、それで体力を消耗してしまうそうです。

先週末は金曜日から小倉入りし、かなり久しぶりの小倉出張でした。
小倉へ行ったら絶対に寄りたいと思ってた所があって、それが以前テレビでやっていた、三萩野バッティングセンター!
ココには球速230`のピッチングマシンがあるんです(笑)
これがどんなものなのか体験してみたくて行ってきました!
100`もまともに打てないし、そもそも野球自体ほとんどしないのですが…
いざ、チャレンジ!
初球、あまりの速さに恐怖を感じました(笑)
当たり前ですが、球が出てきてから振っても全然間に合いません。
先読みでタイミングを合わせるしかありません。
ならばバントで当てるだけでも…と思っても全く当たりません(笑)
速すぎて私にはコースすら見えません…
結局、30球中1回奇跡のチップがあっただけで、それ以外はひたすら空振りでしたね…
空振りしすぎて、手首が疲れました。。。
バッティングセンターへ来て1度も打てずに帰るのもシャクだったので、帰る前に100`をやりました。
さすがに230`の後だとかなり遅く感じます(笑)
だからといって打てるかと言えば、そうでもないんですけどね。。。
ちなみに、230`は強度の高いバットでないとバットが変形してしまうそうです(笑)
小倉へ行った際、興味のある方はぜひともチャレンジしてみて下さい!
とは言うものの、危ないのでご注意を!



さて、本題へ。
先日の日曜日の小倉11Rをもって、ハーキュリーズが引退することになりました。
2010年の夏くらいに私の担当馬として入厩しほぼ丸5年、大きな怪我をすることもなく元気に現役で頑張ってくれました。
途中、私が攻め専になったこともあり、2014年5月25日の後に一時手離すことになりましたが、1年後に持ち乗りへ戻った時に私の元へタイミングよく返ってきました。
通算39戦中、34戦は私の担当として走っています。
ハーキュリーズといえば、善戦マンのイメージが強いですかね。
1000万に在籍しながら1億稼ぐ馬もそうそういないと思います。
丈夫で堅実でおとなしくて素直で手がかからない、ホントに担当者孝行な馬でした。
ただ、勝つ事の難しさを痛感させられたのもハーキュリーズでした。
バカ正直だったので、調教での事を覚えてしまい、それ以上のことをしようとしなかったという印象です。
ウチの調教の悪い面が出た典型的な例でしょうね。
追い切りでは、先行してる時は後ろから来るのを待ち、後ろから行く時は追いついた所で交わしたり抜かすことなく並ぶだけ…
追い抜く、突き離すことをせず、待って並んで終わりという調教がそのまま競馬に出てしまっていました。
気付いた時にはもう遅く、それからは何をしても解消される事はなかったです。
競馬では、先頭に立つと気を抜く、前を抜かそうとしない…とよく言われていました。
そういう事を普段していないので馬も戸惑っていたんですね。
ハーキュリーズはある意味、教えられてきた事を忠実にやってきてただけなんですよね…
ウチの方針なので仕方ないとは言え、ここまでハッキリ結果に出るのもまた珍しいと思います。
それがハーキュリーズらしさでしたね。

一時、障害転向の話も出てしばらく障害練習もしてみました。
体が柔らかく、身のこなしが軽かった馬なので、障害は合うと思っていましたが…
後肢が全然ついてこなくて、大きい障害を飛ぶのに一苦労で…
普通なら障害練習していけばだんだん後肢にも力がついてくるもんなんですが、ハーキュリーズの場合は全くの逆効果でした。
おそらく加齢による衰えもあって、伸びしろがもうなかったんだと思います。
無理に障害転向させてもリスクしかないとの判断で断念しました…

そんな事をしてる間にクラブ側からはカウントダウン宣告されてしまい、最後に1200を使って欲しいと…
ウチの調教方針からは、過去の活躍馬を見てもらえれば分かるように、短距離馬はほとんど出てきません。
次が最後と言われていたので、最後はウチの調教方針とは違う、短距離を意識した調教方法を試しました。
ベストは基本方針で全てを賄うことなんでしょうけどね…
違う結果を求めるなら違うやり方も必要だとは思うので、私としては間違ってなかったと思っています。
結果は普段と特に変わりありませんでしたが…

最近の成績と年齢からも、そろそろ引退もあるかなとは思っていました。
覚悟しているつもりでしたけど、いざ引退が決定すると寂しいもんですね…
大人しいしいい乗馬になるわ、と思っていたのですが、まさかのオークション行き︎
オークションだとおそらく地方行きになるかと思いますが、まだ走らせようとしているのには残念な思いしかありません。
走る事に対する気持ちが萎えてしまっているし、加齢による衰えもあります。
走り方からダートの適性もあまりないと思いますし、賞金もまあまあ持ってるので上位クラスでのスタートでしょうから、状況は更に厳しくなるでしょう…
引退するのも「ビジネス」なんですね。
正直、この決定にはショックでした。
でも私には何の決定権もないので、受け入れるしかありません。
何なら、オークションで自分で落札して乗用馬として引き取りたいくらいです。
放牧も急遽今朝に決まったみたいで、ゆっくり戯れてる時間もなく、送り出してから何か心にポッカリ穴が開いたみたいな感覚です。
それだけ私の中では存在感の強い馬でした。
とりあえず、
「今までお疲れさん、ありがとう!」
とだけ言ってお別れしました。
ハーキュリーズならどこへ行ってもかわいがってもらえると思うので、新天地で頑張ってほしいですね。


ハーキュリーズとの思い出は4年分ありますから、全然書ききれません(笑)
今パッと思いたったことを書いてみました。


いつかは必ず訪れる別れの時。。。
「ありがとう!」
「お疲れさん!」
81FFFCE1-7CDF-4103-9BD0-619948898E8C.jpgC750C972-0A79-4DAA-BF02-99F3056C9FFA.jpgBD8FABA5-6A42-4A0D-A37D-F43D86803A36.jpg7A6752E6-24FE-4DC3-91BF-BF6972C862DE.jpg


posted by Takada at 17:27| 滋賀 ☀| Comment(34) | Takada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

いよいよ今週は宝塚記念!@高田

先月末、自分の完全な油断と不注意から、下唇を5針縫うケガをしてしまった高田です(笑)
どうも御無沙汰してます、今年は初めての更新ですね(^^;

馬に携わるようになって約20年、ケガの仕方が自分でも情けないやら恥ずかしいやらで…
角馬場で軽いキャンターをしている時に腹帯が切れてしまい、それに気付かず500mほど走っていました。
止めてから腹帯が切れている事に気付き、待機馬場で下馬して馬を引いていました。
その時は「よく腹帯切れた状態で乗ってたなぁ」みたいに笑って話していたのですが、
まさかその数分後にあんなケガをすることになるとは…
そして鞍を置き直す為に私は馬を前で保定していました。
何するにしても大人しい馬ですし、この時も特に暴れたりはしませんでした。
ただ、馬が頭を振り上げた時に、その頭がちょうど私の顔面(下唇部)にヒットしてしまい、
ザックリと切ってしまいました。。。
同時に軽い脳震盪まで起こしてしまい、意識はあるのに立ち上がれない状態にまで。。。
軽かったとは言え脳震盪って初めてなったんですけど、結構キツイんですね。
流血が収まったから乗ろうと思って体を起こすのですが、結局乗れませんでした。
ちゃんと馬を保定・保持していれば防げた事故だっただけに、完全に自分の不注意でした…
「慣れ」から出てくる「油断」、自業自得ですね。
皆さんもお気をつけください!
ちなみに、その馬とはハーキュリーズです(笑)

さて、今週末は上半期のグランプリ、宝塚記念です!
我が厩舎からはディアデラマドレ、デニムアンドルビー、ラキシスの3頭が出走予定です。
去年の夏から私が調教を担当してるマドレ、今回も私が調教には騎乗しています。
さすがに去年からは随分力を付けてくれました。
厩舎からのコメントでも再三出てきていると思いますが、精神面の成長はかなり著しいです。
以前は気性的にマイラーっぽい印象でしたから、愛知杯後にはすぐにヴィクトリアマイルへ
向かうプランを提案しました。
そこから逆算してマイラーズCからの始動にしました。
阪神牝馬Sにしなかったのは、1400を使いたくなかったからです。
そしていざ帰厩してみると、想像していたより落ち着いていたのにビックリしました。
気を乗せていったら掛かる面も出てくるのではないか、とこの時は恐る恐るの調整でした。
結果的に以前のようなカッとする面も出さなくなり、競馬でも掛かる面は出てこなくなりました。
このマイルでの2戦は想定外の結果でした。
あ、レースの結果ではなく、調整過程における仕上げの結果です。
今となればマイルよりは中距離の方が適性があるのかもしれません。
そう信じての宝塚参戦です!

今回は叩き3戦目ということもあり、馬自身はかなり充実してきているように感じます。
テンションが上がり過ぎなくなったことで、調教では道中も融通が利くようになりました。
先週の2本の追い切りでもイイ反応が得られましたし、状態は申し分ありません!
2200ですからマイルよりは競馬はしやすいと思います。
去年のエリザベスでは距離が長い印象でしたが、今となればこなせるんじゃないかと期待しています。

ラキシス、デニムと比較するようなことを書くと予想行為とみなされそうなのであえて書きませんが、
この2頭も当然ながら万全の状態でしょうしライバルであることは間違いありません。

とりあえず水曜日の追い切りを納得のいく内容で終わらせ、悔いなくレースに向かいたいです。
そしてレースは康太に全てを託します!
posted by Takada at 11:06| 滋賀 ☁| Comment(13) | Takada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

今年も残すところ、あと1週!@高田

最近寒い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
ゲレンデもオープンしたので、そろそろスノボへ行こうかと目論んでいる高田です!

今日12月22日は冬至です。
しかも今年は「朔旦冬至」というものらしいです。
19年に一度の「新月と冬至が重なる日」だそうです。
暦の上では、365.24日周期の太陽と29.5日周期の月のスタートラインとされるめでたい日、なんだとか…
月の全く出ていない長夜を楽しんでみてはいかがでしょうか?
ん〜、ただ暗くて寒いだけですね(笑)
そんな冬至の日は、カボチャを食べて、ユズ湯に入りましょう!!


さて、今年も残すところあと1週となりました。
先週が終わった時点で、我が厩舎は全国リーディングの3位につけています!
1位とは2勝差、2位とは1勝差の僅差まで迫っています!
そして最終週には有力馬たちがスタンバイしています。
有馬記念の3頭だけでなく、東西の準オープンや2歳馬たち。
これはもしかするのか!?
(有馬で3頭が1着同着だったら3勝加算されるのでしょうか??笑)
4位、5位とも2〜3勝差なので、下位転落も十分ありえるだけに油断はできませんが…

私が攻め専の助手になったのが6月から。
5月終了時点では18勝(地方1含む)で、リーディング争いはしていませんでした。
当時、親分からは
「お前ら(2人)に攻め専を任せるけど、今年は2歳も少ないしリーディングを狙うつもりはないから。
 とりあえずこの2人を攻め専して厩舎がどうなるか見てみたい」
的なことを言われていました。
もう1人の攻め専は厩舎で一番若い辻野。
そして私は厩舎では3番目の若さ。
親分も、よくこんな若造2人に攻め専を任せたな、と思いましたね(笑)
厩舎潰す気か!と思った人も中にはいると思います(笑)
結局、なんだかんだで51勝まで勝ち鞍を伸ばすことができ、リーディング争いに加わるまでになりました。
「アイツらが攻め専になったから成績が上がらなくなった!」
と思われるのだけは避けたかったですが、まさかここまで上がってこれるとは思ってもいませんでした。
ここまでになったのは、私と辻野が攻め専になったからではありません。
たまたま下半期に勝ち鞍が増えただけで、上半期からの積み重ねがあったからこその結果です。
私はその下半期にたまたま攻め専をやっていただけのことです。
そして何より、厩舎スタッフの結束力の賜物でもあると思います。
こんな攻め専2人に協力してくれたスタッフの皆さんには感謝しています。

ラスト1週、最後まで気を抜かずに走り抜けたいと思います!
最後には先頭でゴールテープを切れるように!

これからもまだまだ寒い日は続きますので、皆さん体調管理には十分注意してください!
posted by Takada at 12:39| 滋賀 ☁| Comment(4) | Takada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

2歳馬紹介@@高田

皆さん、お久しぶりです。
先日、人生で初のバンジージャンプに挑戦してきた高田です。
下から見てるとそこまで高くは見えないスタート台。
高さにしてマンションの4〜5階くらいですかね?
スタート台へ続く階段には頑丈な鉄柵があるので、高い所が平気な私には全く何も感じませんでした。
が、いざ柵のないスタート台に立つと…
さすがにビビりましたね(笑)
気持ちを落ち着けるヒマもなく、係員の号令が!

3、2、1、バンジ〜〜!

飛び降りるってこういう感覚なんか〜!
と思いながらも、一瞬で終わってしまいました。
いや〜、これは楽しい!
一瞬で終わるのが残念ですが、これは面白い!
また機会があればやってみたい。
次やる時は、違うことを考えながら、感じながら飛んでみたいと思いました(笑)
バンジージャンプは「死ぬまでに一度は体験してみたいこと」の1つだったので、
イイ経験になりました。
(ちなみに、他に経験したいのは、スカイダイビング、パラグライダー、スキューバダイビングです)
そして同じ日に、弟は琵琶湖でフライボードをやっていたそうです。
最近注目されている水上スポーツ?水上アトラクション?ですね!
私は上から下へ、弟は下から上へ、を体験した日でした(笑)

さて、最近は朝晩がだいぶ涼しくなり、すっかり秋になってきましたね。
先週からは秋競馬が始まり、トレセンでも今日からは秋時間になりました。
いつもなら9月半ばまでは暑さが続いていたものですが、今年は涼しくなるのが早い気がします。
私は超寒がりなので、寒いのは勘弁です…

いい加減、本題に入らないと読み疲れてしまいますね(笑)
去年の6月に親分からこの場で発表された、2012年産(現2歳馬)を預からないという記事。
色んな憶測が飛び交い、賛否両論ありましたが、結局は10数頭は預かることになったみたいです。
その中で、在厩している・在厩していた2歳馬たちを紹介していこうと思います。
まずは注目度No.1の彼女、ケースバイケース
(父:Sea The Stars  母:Vodka)
DCE230EE-6468-4120-8381-CB7860C79168.jpg035CFD70-AB27-4466-97BC-3C38D74FAE25.jpg

先日ゲート試験も無事合格しました。
ボラーレほど大きくはありません(笑)
現時点ではまだ物足りない感じではありますが、これから調教を積んでいけばしっかりしてくると思います。
ボラーレが残念なことになってしまったので、彼女には兄の分まで頑張ってもらいたいです!

トーセンビクトリー
​​(父:キングカメハメハ  母:トゥザビクトリー)
1547850A-6F58-4985-8E37-E43A378006C6.jpgCE34D797-9842-4CAC-8F5C-EFB28A3E5D22.jpg
札幌でデビューし、惜しくも3着でした。
しかし、まだ物足りない状態で見せ場のあった内容でしたから、
能力の高さは見せてくれたように思います。
2戦目へ向けて調整中です。

エルラディユー
(父:Unbridled's Song 母:レーヴドフィユ)
61AD54D6-72DB-43BD-8654-44F64ADC75E6.jpgA2CA0881-1DAA-42D1-8A47-209F525AA60F.jpg
まだ入厩して日が浅く、今は場所慣らしを兼ねた調教中です。
これからゲート練習を始めていく段階です。

ジェルブドール
(父:Congrats  母:G City Gal)
2A077FD8-8AD6-4866-9352-55801E97928E.jpg73D08C78-907A-4AC1-B8A8-B13E5FE03B2B.jpg
この馬も最近入ってきました。
丸くてプリプリで、見た目(体型)はかわいいです(笑)
同馬もこれからゲート練習です。

今はこの4頭が在厩しています。
この他の在厩経験馬には、小倉で新馬勝ちしたレトロロック(父:ディープインパクト  母:サムワントゥラブ)と、
私が個人的に頑張ってほしいと思っているマウントハレアカラ(父:カネヒキリ  母:リラックススマイル)、
英、仏でGTを6勝し、今年のドバイシーマクラシックではジェンティルドンナの2着だったシリュスデゼーグルの妹、シェリュスドパリ(父:Siyouni  母:Taille de Guepe)がいます。
レトロロックは勝った後に、マウントハレアカラとシェリュスドパリはゲート試験合格後に放牧に出ています。



今はここで紹介した7頭しか入厩してきていません。
とは言っても、あと10頭もいませんが…

また新馬が入ってきたらこの場で紹介していきたいと思います。

posted by Takada at 10:41| 滋賀 ☔| Comment(7) | Takada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする